バイナリーオプションで30万円を稼ぎたい!

バイナリーオプションの特徴とFXとの違いについて

インターネットサービスの拡大とスマートフォンやタブレットなどの急速な普及によって、ネットを活用した資産形成の手段は現代日本では一般的なものとなりつつあり、多くの人がネットを利用して自分の資産をより増やすための行いをしています。
ネット銀行やネット証券などネットで24時間取引ができる金融サービスが今日急速に増加しており、これらのサービスを活用することで非常に効率的に資産運用や資産管理を行なうことができるのです。
今日の日本社会では資金需要の高まりと、預金金利が低水準で推移していることから投資への期待と需要が高まっており、多くの人が投資への高い関心を抱いています。
しかし投資は難しいものというイメージが多くの人の頭にあるため、投資に興味があるものの、なかなか実践することができない、という人は驚くほど多くいるのです。

 

投資を全く行ったことがなく未経験者でも気軽に行える投資方法としておすすめなのがバイナリーオプションとなります。
私たちが普段の生活で使っているお金には相場があり外貨と比べた場合の価値というのは常に変動しています。
この貨幣の価値の変動を利用して行なう投資がFXとなりますが、バイナリーオプションは同じように貨幣の価値の変動を利用して行なう投資となります。
FXとバイナリーオプションの異なる点は、FXが差益を目的として通貨の売買を行なう投資手段であるのに対して、バイナリーオプションは通貨の売買は行わず、将来のある時点において相場が上がるか下がるかを予想するという点にあります。
つまりバイナリーオプションとは、相場が上がるのか下がるのかを2択で選択し、投資を行なう仕組みとなっているのです。

 

バイナリーオプションとはよくトランプの「ハイアンドロー」というゲームによく似ていると言われています。
特別な知識は必要とされませんし、現在ではスマートフォン用の専用アプリで簡単に取引ができるサービスを提供しているネット証券会社も多いので、初心者が最初に始める投資手段としてはうってつけなのです。

6月26日。東京時間午前は大きく下に開けた窓を埋める動きをしました。マーケットがオープンしてから、途切れることなく窓埋めの動きをしたことで、午前11時過ぎには見事窓埋め完了。2円程も開いた窓をついに埋めたのです。窓が開いた場合、高確率で埋めるといわれていますが、あまりに大きい変化の場合、埋まらないこともあります。だけど、私が見てきた窓は多くの場合埋まっています。埋まらない窓は見たことがありません。過去に大きく窓を開け、埋めることなく下落した事件があります。名前を聞くと、知っている人は思い出すと思います。百年に一度の危機と言われるリーマンショックです。当時、FXをやっていませんでしたが、チャートを開いてタイムスリップしてみると、5円程も下に窓を開けています。私が今まで見た窓は、それと比べるとはるかに小さい。今回の豪ドル円の場合、先週94.81で引けて、92.68でスタートしています。2円程も開いています。私が見た中では、これが一番大きい窓です。だけど、結局は埋めているから問題はない。リーマンショックは5円程も大きく窓を下に開けて、しかも埋めずに下げています。どれほど恐ろしい動きをしたのか、チャートを見ただけでわかってしまうほどです。普通の窓の恐怖をレベル1とするとして、今回の窓はレベル3。リーマンショックの場合は、その後の値動きも考慮すると恐怖はレベル10以上だと思っています。窓を2円程開けたのを経験したことがなかったので、これでもかなりびっくりしました。リーマンショックの再来?って思ってしまいました。埋めるだろうと思ったものの、何処かでは疑っていました。窓は価格のギャップによって生まれます。日本や海外のマーケットは閉まっても、海外の中には日曜日も注文が出来るところがあるようです。そこで、注文が入ると週明けには窓という形で表れます。ギャップは窓だけではありません。私の心にも大きな窓が開きました。まだ準備出来てない急な変動に心は空っぽ状態になりました。だけど、窓埋めと同時に私の心の窓も閉まりました。これで、安心。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:15:28

FX口座はいくつ所持するのがベストなのでしょうか。
国内外含めて、数多きのFX会社がありそれぞれの会社にはまた違うメリットデメリットがあり、キャンペーンなどでもあるとついつい口座開設をしたくなるものです。
けれど、FX口座は多く持っていることにメリットはあるのでしょうか。
適切な口座保有数とは、どれくらいなのでしょう。
まずFX口座をたくさん持っているとはどれくらいなのでしょうか。
それを五つとした場合に、その五つすべてを使いこなせているのですかは、微妙なところです。
なずかというと、五つもあると管理やログインだけで大変なのではないかと思います。
FX口座開設したのはいいものの、あまり使わないものもあるというのが一番つまらない使い方です。
なのできちんと使いこなせていることこそ、適切な口座の数であるといいます。
そのためには、精々一つ以上、五つ未満が望ましいのではないでしょうか。
それに、どうせなら様々タイプのFX口座をもち、使い分けておきたいところです。
例えばというと、これは長期トレード用でレバレッジが低め、これはスキャルピング用でレバレッジが最大に、とかです。
それからレバレッジを求めるなら、その中に海外FXを取り入れてみるのもいいかもしれません。
レバレッジが高めであるとロスカットのリスクと背中合わせなので、長期用と一緒くたにするのはよくないので、こういうのはうまく使いわけているというところにあたります。
使わないFX口座は解約しておくのもいいですし、そうでないのなら口座が停止しないようにたまに動かすのもいいでしょう。
多く開設をして使いこなせているのなら問題はないですが、そうでないのなら使うものをタイプ別にしてカテコライズしておくといいでしょう。

FX口座は持っているだけでなくつかってこそですし、思いっきり使いこなしたいものです。
レバレッジを倍率を適切に一倍や最大値など時と場合に合わせて変えて、海外国内の口座をいかすことで、為替差損で収支をあげていきたいものです。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:15:28