キャッシングとは、個人が借入出来るカードローンのことで、無担保で保証人なしで気軽にお金が無い時に借りて利用できるものですが、それらには、信販系やクレジットカード系や、銀行系カードローンや、消費者金融業などの企業が、キャッシングの事業を行っています。この中で、唯一、賃金業者でないのが、銀行系カードローンですが、銀行とは、元々お金を預ける所と言うイメージだけでした。

預金をしたり、為替の取引などしかなく、会社の事業主が大きな金額を事業資金として借入するところと言うイメージでした。それで、個人への貸付もしているのです。しかし、他のキャッシング業者とは、大きく違うところがあって、預金以外に、キャッシング部門もあると言う片手間の経営なのです。

それで、貸付の方は銀行が直接に個人に貸付する訳ではなくて、銀行が、提携する信販会社へ委託してキャッシング業務を行っているのです。だから銀行はただの窓口なのです。銀行系カードローンへ申し込みはしますが、審査になると、銀行が審査するのでは無くて、その提携する信販会社が審査をするのです。何故ならば、銀行系カードローンと契約を結んでも、実際貸し出しますが、それがもしも、返済に遅れたり、トラブルがあったのなら、提携先の信販会社が、個人の未払い分を肩代わりしてくれるのです。

だから延滞があったのなら、銀行から連絡があるのではなくて、提携する信販会社から連絡が来るはずです。そして銀行へ返済する分は、提携の信販会社が銀行へ納めているわけですので、銀行は遅れていることに無頓着です。何も無かったかのように過ごせて痛手はありません。

このようにどこかの信販企業を間に挟ませてキャッシング業務を行うので、審査は厳しいものです。銀行と言う看板を背負っているので、特に、良い人だけ、返済を守れそうな安定した人だけしか審査に通さないようなので、厳しい審査だといわれています。しかし、その分、利息が安いのです

それは、安定した人、堅い人以外には貸し出さないので、経営の安定していますし、賃金業者ではないのいで、お金を貸すことだけを仕事としていない為に、安い利息で賄えるのでしょう。利息が安いので、できれば銀行系カードローンに借りたいでしょうが、安定した人以外は借りれないでしょう。そして提携する信販会社が肩代わりするので、とても慎重な審査になるのです。もしも信用を得たら、利息も安く、利便性も高いので銀行系カードローンでキャッシングするとお得だと思います。