急な出費をしなければならなくなったけれど、お金が無いという時は、誰にでも起こりうることです。そんな時にお金を借りる方法について、それぞれのメリットデメリットを含めてまとめます。まず、親戚や知人などを頼る方法です。金融会社などからお金を借りるのに比べると、利息が必要なかったり、返済日を決めないことも多いため、安全性は高いのですが、「金の切れ目が縁の切れ目」とも言うように、金銭の貸し借りトラブルになりがちです。特に親しい人との金銭の貸し借りは、当日または翌日に返せる目処が立っているものや少額のものに限ると考えておくのが得策です。

経済的に貧しく、生活をしていくことが困難な場合は、行政機関からの公的貸付制度を利用することができます。突然リストラされて仕事が無くなった時や、子供の教育資金を支払うことが出来ない場合に、無利子または低金利で貸付してもらえます。お金を借りる方法としては、最も良い方法と言えますが、この制度を利用するには条件がとても厳しいため、この方法ではなかなか借りられないというのが現状です。知人から借りるのは気が引ける、けれど公的貸付制度の審査は通らないという場合も多いです。その場合によく使われるのが、銀行や金融機関からのキャッシングです。キャッシングは金利が高く、取立が怖いというイメージがありますが、計画的に使えばそれほど怖くありません。キャッシングの実質年率は最大で18.0%になっているので、10万円借りると30日で1480円になります。最近の金融機関の中には、30日間は無利息というサービスを行っているところがあります。無利息のサービスは、借入日から無利息としている金融会社と契約日から無利息としている金融会社があり、借り入れ日から無利息にしている金融会社が最もお得となります。その間に完済すれば利息は支払わなくて良いですし、払える分だけでも支払えば、残った利息も少なくなります。また、キャッシングは審査が早く即日融資というのもメリットの1つです。