融資関連の商品を利用するとなると、他の会社での件数などは大きなポイントになってきます。というのも他の件数が余りにも多すぎると、少々難しい事が多いのですね。基本的には、少ない方々の方が優遇される傾向があります。 そもそも融資商品の申し込みをしている方々の状況は本当に色々で、中には複数の会社で利用している方も見られるのです。例えばAという会社に申込をしている方は、全くの未経験者とは限りません。すでに別の会社BやCなどで申込をしている方も見られるのですね。

ところが金融会社では、そのような方々を敬遠している事がたまにあります。一般的なボーダーラインとしては、3社程度だそうです。すでに別の3社とお付き合いがある方であれば申込可能なケースは多いのですが、それ以上のお付き合いがある方々の場合は、少々難しい傾向があります。 しかし、それも会社によって色々異なるのですね。中には件数が多い方でも、特に問題無いケースがあります。

例えばフクホーという会社があるのです。いわゆるブラックキャッシングの1つになるのですが、フクホーではかなり件数が多い方でも問題は無いようですね。 以前に他の賃金業者とお付き合いがある方が、フクホーに申込をしています。ちなみにその方の件数は、6社程度だったようですね。それ位の会社の件数となると、銀行などでは正直難しくなるでしょう。前述のように、最大3社が限界になるからです。

ところがフクホーの場合は、上記の方でも借りる事ができたのだそうです。何も6社でなく、8社などとお付き合いをしていた方でも、その会社で借りる事ができている事例が見られます。 つまりフクホーは、かなり多くの会社でお付き合いがあっても、比較的高い確率で借りれる訳ですね。人によっては多くの会社の借入れをまとめたいと思っている事もあるでしょう。そのような方々を歓迎している会社という事になります。ですので複数社を1つにまとめたい時には、その会社を検討してみるのも一法ですね。